イラストレーターでデザインをする場合

1.テンプレートをダウンロードしてください。→こちら[pick_temp.zip]
 (zipにて圧縮しております。解凍にはStuffIt Expander等のソフトが必要です。)

2.形のバリエーションがたくさんありますので、 ご希望の形状部分にデザインしてください。
 ピックの外周部分0.5〜2mm(ピック厚みで違います)ほどは印刷不可の範囲になります。
 フチぎりぎりまでデザインしますと印刷されない箇所が出来ますのでご注意下さい。

3.ホットスタンプとシルク印刷の場合、グラデーションはお使い頂けません。
 ・インクジェット印刷の場合のみ、グラデーションが使えます。

4 .パソコンの大きな画面でデザインしてますと、ついつい凝って書き込んでしまいたくなりますが、最終的にはピックの大きさまで縮小します。
 あまり細かいデザインですと縮小した際に潰れてしまいます。
 お作り頂いた印刷データをピックに印刷した時、どのくらいの小ささまで再現できるかの目安は、プリンターで実物大で印刷して頂き、潰れてるか潰れていないかを確認してみてください。

5 .jpeg等のビットマップ画像データを貼り付けてあるデータは印刷用としては使えません。
 全てベクトルデータで制作してください。
 ・当社にてビットマップデータをベクトルデータに変換する場合、別途変換料がかかります。
 ・インクジェット印刷の場合のみ、ビットマップデータの貼り付けも可能です。


6 .フォント等は必ずアウトラインを作成してください。
 アウトラインを作成しませんと、お使いになったフォントでのデザインが無効になります。


7.イラストレーター(VerCS5以下)のaiファイルで保存し、お問合せフォームからお送り下さい。